案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その二百九十五)

こうして、道兼が、内裏から東に向かって、帝をお連れ出し申した時、安部晴明の家の前をお通りになられたところ、屋敷内から晴明の声が聞こえてまいりました。

晴明は、激しく手を打ち、「帝が退位されると見える天変があったが、すでに退位なされたようだ。参内し奏上いたそう。車の支度をなせ。」という声を、花山帝は、お聞きになられたのであろうか。それはそれとしても。帝は胸をお打たれになったことでしょう。

晴明が、「まずは、式神一人内裏に参上せよ」と命じたところ、人の目に見えぬものが戸を押し開けて、帝の後ろ姿を見たのでしょうか、「ただ今、帝はここを過ぎていかれたようです」と答えたそうです。

晴明の家は、土御門の町口だったので、通り道だったのです
スポンサーサイト
  1. 2014/07/24(木) 00:00:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<聖神社(その二百九十六) | ホーム | 聖神社(その二百九十四)>>

コメント

人生で大事な1つのこと。

絶対に伝えたいことがあります。
今までずっと生活がくるしい人生でした。
でも、今までこんなことをしらなかったなんて。
生活が潤うっていうことをはじめて知りました。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に助かりたい人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
メールしてくれた人だけにすごい秘密を教えます。
  1. 2014/07/24(木) 01:18:41 |
  2. URL |
  3. haruha #27Yb112I
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/978-4d35eca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。