案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その百七十一)

観修とは、朝日日本歴史人物事典の解説によると、

生年: 天慶8 (945)
没年: 寛弘5.7.8 (1008.8.11)

平安中期の天台宗の僧。「勧修」とも記す。諡号は智静。長谷大僧正,解脱寺僧正と称される。京都の人。俗姓は志紀氏。勢祐に従い,のちに余慶に受学。法性寺座主職をめぐる円仁系,円珍系門徒の確執のなかで,長谷(京都市左京区)の解脱寺に移り,長徳2(996)年園城寺長吏となる。有験の僧として知られ,死者を蘇生させた伝説を持つ。長保2(1000)年に法務,大僧正となったが翌年に辞職。藤原道長の帰依を受け,道長建立の木幡浄妙寺の別当となった。宋の源清が日本天台に批評を求めて送ってきた5部の著作のうち,『法華示珠指』下巻の批判を担当した、とあります。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/23(金) 00:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<聖神社(その百七十二) | ホーム | 聖神社(その百七十)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/854-7702e391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/23 09:11)

京都市左京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/05/23(金) 09:11:33 |
  2. ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。