FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩室山観音院

堺市南区岩室に、古いお寺があります。

高野山真言宗の寺院で、世間では岩室山観音院と呼んでいますが、正式な名称は極楽寺観音院というのだそうです。

寺伝では、行基の開基によるもので、当初は巖室山極楽寺と号していたようです。
ところが、後に弘法大師が留錫された砌に、十一面観音を彫り安置しましたが、その際に、寺号を現在の岩室山観音院と改めたと伝えられています。

極楽寺は、平安時代には七堂伽藍が完備され、塔頭寺院を擁した大寺院であったといいます。

しかし、時代が下ると、戦国の兵乱や大坂夏の陣などの兵火にかかり、殆どの塔頭や伽藍が焼失しましたが、幸いにして十一面観音像や阿弥陀如来像はその度に難を免れ、現在にまで伝えられることになりました。

実は、この阿弥陀如来座像は行基の自作と伝えられており、十一面観音立像とともに大阪府指定有形文化財に指定されています。

現存の堂塔は江戸時代初期、慶安3年(1650)に再建されたものです。

なお、江戸時代には、このお寺は霊験あらたかな厄除観音として、近畿一円からの信徒を集めて、隆盛を誇ったといいます。

現在も、「和泉西国第8番」、「和泉霊場第16番」の札所として、訪れる参詣者は少なくないようです。

境内は、堺市指定の保存樹林に囲まれていて、閑静な趣をたたえています。

鐘楼の梵鐘は安永6年(1777)2月3日の銘があります。

大晦日の除夜の鐘には、毎年多くの信者が訪れてきます。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/17(木) 15:18:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高倉寺宝積院(その一) | ホーム | 延喜式神名帳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/8-8d3a2be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。