FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

延喜式神名帳

延喜式という古い書物があります。

それは、平安時代中期に編纂された格式で、今流にいえば律令格の「施行細則」とでもいうべきものです。

全50巻、約3300条からなる膨大な法令集ですが、その巻9・10は神名帳となっています。

この神名帳には、当時の官社の一覧表が国別に記載されています。

ここに載せられた神社が、いわゆる「式内社」ということになります。
 
神名帳には、それぞれの神社の社格が示されています。

社格とは神社の資格の等級を表したものです。

まず、公的に幣帛を受ける神社のことを官社といいます。

幣帛とは、簡単に言えばお供えもののことです。

官社には、官幣社と国幣社とがあります。

神祇官から幣帛を受ける神社を官幣社、国司から受ける神社を国幣社と呼びます。

官幣社、国幣社には、それぞれ大社、中社、小社の序列があります。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/16(水) 12:21:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岩室山観音院 | ホーム | 狭山堤神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/7-85ee9383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。