FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多治速比売神社(その十)

神奈川県川崎市高津区子母口に「橘樹神社(たちばな じんじゃ)」という名のお社が鎮座しています。

旧子母口村の古くからの鎮守社で、村人の崇敬を集めてきました。

当社のご祭神は、日本武尊と弟橘媛です。

社伝によれば、弟橘媛が身に着けていた御衣や御冠などがこの地に流れついて、これらを祭ったと云われています。

近くには、子母口富士見台古墳と呼ばれる円墳が残されており、そこには弟橘媛のこれらの遺物を祭った廟(たまや)があったといわれています。

古墳の下には、川崎市教育委員会の説明板が立てられています。

「この古墳には、古くから弟橘媛(オトタチバナヒメ)にちなむ話が伝えられています。

橘樹神社の社伝では、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)東征の際、尊の身代わりに海中に身を投じた弟橘媛の御衣・御冠が、この地に漂着したと伝えています。

また、「古事記」では、「かれ7日ありて後に、其の后の御櫛海辺によりたりき。すなわちその櫛を取りて御陵を作りて治め置きき」と伝えています。

真偽のほどはともかく、この古墳にまつわる話として興味深いものがあります。」

スポンサーサイト
  1. 2013/03/02(土) 01:13:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多治速比売神社(その十一) | ホーム | 多治速比売神社(その九)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/68-cabed1ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。