案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多治速比売神社(その四)

夫である日本武尊の東征に従い、相模から上総に渡ろうとしたとき、風が強くなり、海が荒れ始め、乗船が立ち往生したので、海神の怒りを鎮めるために、尊の身代わりとなって海に身を投じたと伝えられる、弟橘媛の物語です。

海神の怒りは、日本武尊が自ら招いた災いでした。

尊は出発する前に、海を眺め、「これは小さな海だ。ひと跳びで渡れそうだ。」と高言したのです。

ところが、海上に出ると、風は速くなり、波は高くなり、船は漂い始め、とても上総に渡るどころではなくなりました。

浦賀水道の恐ろしさを見くびっていた日本武尊もさぞ狼狽したことでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 03:49:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多治速比売神社(その五) | ホーム | 多治速比売神社(その三)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/61-3cdd4c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。