FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狭山池考(その二)

印色入日子命は、日本書紀の中では「五十瓊敷入彦命」という名前で登場します。

日本書紀 卷第六 活目入彦五十狹茅天皇 垂仁天皇の条では、「卅五年秋九月 遣五十瓊敷命于河内國 作高石池 茅渟池」とありますが、狭山池については触れられていません。

ちなみに、『和泉志』によると高石池は阪和線の富木駅のある高石市の乙池であり、茅渟池は泉佐野市下互屋南付近にあったことになっています。

ところが、現在、泉佐野市には「茅渟」の名を持った溜池は存在せず、実在したかどうかも確定できませんが、「道ノ池」「布池」が「茅渟池」として想定されているとのことです(『泉佐野何でも百科』 泉佐野市役所)。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/14(月) 09:38:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狭山堤神社 | ホーム | 狭山池考>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/5-4d6f40cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。