案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陶荒田神社(その十八)

では、そろそろ陶荒田神社に戻ることにしましょう。

当社の由緒書きには、「当社は延喜式(905年制定)にも載っている古社で、大田々禰古命が勅命を奉じて大和国大三輪大神を祀る神主となられた時、先祖の神霊を祀るために、この陶村すなわち茅渟県陶器郡の大田森に社を建立されたのが起源である」とあります。

大田々禰古命(大田田根子命)が大三輪大神を祀る神主となられた時、先祖の神霊を祀るために社を建立されたのが起源であるとするのであれば、当社の主祭神が、高魂命、劔根命、八重事代主命、菅原道真公というのは合点がいかない気がします。

ところで、紀伊國那賀郡に 荒田神社という式内社がありました。

現在も、それに比定される同名の古い社が、和歌山県岩出市森に残っています。

御祭神は、高魂命 劔根命です。

『紀伊続風土記』『名所図会』では、「和泉国大鳥郡陶荒田神社」と同神となっているそうです。

当社にもその名を残している「荒田直」という人物が、その祖神を祀った神社だとされています。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/16(土) 02:46:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陶荒田神社(その十九) | ホーム | 陶荒田神社(その十七)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/45-7bf4625c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。