FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陶荒田神社(その六)

由緒は、日本書紀の次の記載に関係しています。

『日本書紀』崇神天皇七年・秋八月癸卯朔己酉の条には、「倭迹速神淺茅原目妙姬・穗積臣遠祖大水口宿禰・伊勢麻績君、三人共同夢、而奏言、昨夜夢之、有一貴人、誨曰、以大田々根子命、爲祭大物主大神之主、亦以市磯長尾市、爲祭倭大國魂神主、必天下太平矣。」とあります。

すなわち、倭迹速神浅茅原目妙姫・穂積臣の遠祖大水口宿禰・伊勢麻積君、三人、共に夢を同じくして、奏して言さく、「昨夜夢みらく、一の貴人有りて、誨へて曰へらく、『大田田根子命を以て、大物主大神を祭ふ主とし、亦、市磯長尾市を以て、倭大国魂神を祭ふ主とせば、必ず天下太平ぎなむ』といへり」まうした、ということです。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/07(木) 22:32:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陶荒田神社(その七) | ホーム | 陶荒田神社(その五)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/33-cc31d21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。