案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陶荒田神社(その一)

高倉寺から北東の方向、距離にして1.5キロ程のところに古いお社が鎮座しています。

延喜式神名帳に、『和泉国大鳥郡 陶荒田神社二座 小。鍬』とある式内社です。

付記に小とあるのは、「式内小社」の意味で社格を現しています。

鍬とは、文字どおり鍬が供えられたのでしょうね。

陶荒田は、「すえあらた」と訓じます。

 前にも触れましたが、当社が鎮座する、この地域は、日本書紀にいう茅渟県陶邑に比定されています。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/05(火) 07:11:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陶荒田神社(その二) | ホーム | 高倉寺宝積院(その十九)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/28-0b62e8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。