FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高倉寺宝積院(その十二)

脱線ついでに、陶器山七不思議について少しだけ触れます。

陶器庄には昔、「黄金塚」と呼ばれる小高い丘がありました。

この丘の上には黄金が埋めてあり,夜な夜な怪しい光を放ったということです。

また、この地は「まき塚」とも名付けられていました。

弘法大師が、経巻をこの丘に埋められたため、「巻塚」と呼んだのではないか、ともいわれています。

この地名は、現在の泉北ニュータウン槙塚台に引き継がれています。

槇の字が用いられているのは、造成前のこの一帯には槙の樹木が多かったからだそうです。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 04:34:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高倉寺宝積院(その十三) | ホーム | 高倉寺宝積院(その十一)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/20-2e342319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。