案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高倉寺宝積院(その十)

またまた、和泉名所図会からの引用で恐縮ですが、陶器(たうきの)庄(しやう)  髙倉(たかくら)寺(じ)のくだりに、「梵(ぼん)字(じ)芝(しば)といふあり。髙倉(たかくら)村より十町許(ばかり)東にして、地上に梵(ぼん)字(じ)の形(かたち)に凹(なかくぼ)なる土地あり。年(とし)を歴(ふ)れども、埋(うずも)れず。又、芝(しば)生(ふ)生(しよう)ぜずといふ。」とあります。

この梵字の形に窪んだ土地があり、年を経ても埋まることなく、草も生えない、という奇瑞めいた言い伝えについては、陶器山七不思議の一つとして伝承が残っています。

陶器山というのは、泉北・狭山両ニュータウンの境界に沿って、壁のように続く小高い山のことです。

ちょうど和泉と河内の国境に沿って連なり、その尾根道は岩室から天野山金剛寺に至る「あまの街道」と呼ばれる参詣道になっています。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 04:15:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高倉寺宝積院(その十一) | ホーム | 高倉寺宝積院(その九)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/18-1fd40836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。