FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高倉寺宝積院(その九)

堺市設置境内案内板には、次のように書かれています。
「慶長末年(1614)岸和田城主小出播磨守秀政の三男小出大隅守三尹が分家して陶器村に陣屋をおき、当寺に帰依して諸堂の修理・改築などを尽くしました。」

小出三尹は、岸和田藩主であった小出秀政の四男であり、慶長9年(1604年)、但馬国出石藩主であった兄吉政が和泉国岸和田藩に移った後、出石藩を継いだ甥の吉英から和泉大鳥、河内錦部、摂津西成、但馬気多・美含の5郡内で1万石を分封されて、和泉陶器に陣屋を置いた「陶器藩」の初代藩主です。

三尹の母は、秀吉生母大政所の妹といわれていますから、豊臣家とは非常に近しい間柄でありました。

なお、案内板では、陶器藩立藩を慶長末年(1614)の事柄としていますが、これは何かの誤りで、正しくは慶長9年(1604年)です。

三尹の墓所は、東京都渋谷区広尾の祥雲寺にありますが、高倉寺墓地には、陶器小出家の御廟が置かれています。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 23:41:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高倉寺宝積院(その十) | ホーム | 高倉寺宝積院(その八)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/17-5d87008a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。