FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高倉寺宝積院(その六)

境内案内板によれば、その後の高倉寺は、中興の祖とも言うべき真海僧正、ついで僧快盛が復興に務め、天正末年(1591年)には金堂を再建し、行基作と伝えられる薬師如来が本尊として安置された、とあります。

たしかに、寛政8年(1796年)に発行された『和泉名所図会』には、

陶器(たうきの)庄(しやう)  髙倉(たかくら)寺(じ)
陶器(たうきの)荘(しやう)髙倉(たかくら)村(むら)にあり。真言宗。
金堂(こんだう)
本尊、藥師佛、行基作。・・とあります。

しかし、ここに出てくる真海僧正と僧快盛については、その人物・経歴は今一つはっきりしません。

いずれまたおりを見て、調べてみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/23(水) 06:09:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高倉寺宝積院(その七) | ホーム | 高倉寺宝積院(その五)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/14-3b6eb3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。