案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その五百五十九)

即ち法眼と対座に直らせ給ふ。法眼が申しけるは、「去んぬる春の頃より御入候ふとは見参らせ候へども、如何なる跡なし人にて渡らせ給ふやらんと思ひ参らせ候へば、忝くも左馬頭殿の君達にて渡らせ給ふこそ忝き事にて候へ。此の僧程の浅ましき次の者などを親子の御契りの由承り候ふ。まことしからぬ事にて候へども、誠に京にも御入り候はば、万事頼み奉り存じ候ふ。さても北白河に湛海と申す奴御入り候ふが、何故共無く法眼が為に仇を結び候ふ。あはれ失はせて給はり候へ。今宵五条の天神に参り候ふなれば、君も御参り候ひて、彼奴を切つて首を取つて賜はり候はば、今生の面目申し尽くし難く候ふ」とぞ申されける
スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 00:29:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 聖神社(その五百五十八)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1246-c0ffc047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。