案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その五百五十五)

法眼賺しおほせたりと世に嬉しげにて、日頃は音にも聞かじとしける御曹司の方へ申しけるは、見参に入り候ふべき由を申しければ、出でて何にかせんと思召しけれども、呼ぶに出でずは臆したるにこそと思召し、「やがて参り候ふべき」とて使を返し給ひける。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/01(月) 00:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その五百五十六) | ホーム | 聖神社(その五百五十四)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1241-3695bcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。