FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その五百三十四)

「男二人は、この家に居るのか。」
「はやと言う所へ行き、無頼の輩の大将になられています。」
「また、女三人は何処にいるのだ。」
「それぞれ幸いなことに、身分の高い婿を持たれています。」
と言えば、

なお、「印地」とは、もともと石合戦のことでしたが、後に、転じて無頼の徒という意味になりました。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/20(木) 03:37:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その五百三十五) | ホーム | 聖神社(その五百三十三)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1219-5ddddfc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。