FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その五百三十一)

「さりながらも」と問(と)はせ給(たま)へば、「過(す)ぎし頃(ころ)は「有(あ)らば有(あ)ると見よ。無(な)くば無(な)きと見(み)て、人々(ひとびと)物な言(い)ひそ」とこそ仰(おほ)せ候(さうら)ふ」と申(まう)しければ、「義経(よしつね)に心(こころ)許(ゆる)しもせざりけるごさんなれ。誠(まこと)は法眼(ほふげん)に子は幾人(いくたり)有(あ)る」と問(と)ひ給(たま)へば、「男子二人(ふたり)女子三人」
スポンサーサイト
  1. 2014/11/19(水) 00:00:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その五百三十二) | ホーム | 聖神社(その五百三十)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1216-ce3781b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。