FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その五百三十)

ところで、法眼の屋敷内には幸寿前という女がおりました。
この女は身分は低かったが、人情の厚い者で、何時も義経の許にきて世話をやいていました。
自ずから馴染み深くなり、義経は世間話のついでに、「そもそも、法眼はこの私のことを何と言っているのか」と尋ねると、女は「何とも仰ってはいません。」と答えました。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/18(火) 01:32:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その五百三十一) | ホーム | 聖神社(その五百二十九)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1215-2813acf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。