FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その五百十七)

それにしても、「ちくれん餓鬼」というのが、よくわかりません。
どんな漢字が当てられるのでしょうか。
御伽草子は難しいですね。
では、気を取り直して先に進みましょう。
牛若は不思議に思い、「そなた身にも可笑しいことがあるのか。」と言いました。
その餓鬼が答えて申しますには、「左様でございます。私の身に嬉しいことがございましたのは、私の七世の孫の一人が、今娑婆にいますが、出家になりました。
おかげで、私もやがて浮かばれると思えば、その嬉しさに、このように笑っているのでございます。」と申しました。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/12(水) 04:10:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その五百十八) | ホーム | 聖神社(その五百十六)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1202-b46c56ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。