FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その四百九十九)

大天狗が先ず教えたのが炎の地獄です。
実に恐ろしい光景でした。
それは、高さ百余丈ばかりの山ですが、炎が立つと見えてから、瞬時の間に焼け砕け、微塵になり、粉灰となって四方へぱっと飛び散ります。

また、あちらの方を眺めれば、広さが八萬由旬、深さも八萬由旬の血の池がありました。
「これは如何様なものでしょうか。」と牛若が尋ねると、「これこそ女人が堕ちる血の地獄です。」と大天狗が答えます。>
スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 00:40:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その五百) | ホーム | 聖神社(その四百九十八)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1183-87ddc561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。