FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その四百九十七)

大天狗は、牛若を玉の台に載せ、娑婆より着てきた小袖や直垂を脱がし、大唐の緋の糸とわが国の蓮の糸で織った衣に着せ替え、(稚児髷を解き)、髪は元結で括りました。
大天狗は、生年十三の牛若を抱きかかえた大天狗は冥途を目指して急ぎ旅立ちました。
飛行の途中では、山路にかかることもあり、また浜辺に下るときもありましたが、このようにして大天狗は一百三十六地獄を巡って、牛若に見せて回りました。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/02(日) 00:03:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その四百九十八) | ホーム | 聖神社(その四百九十六)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1181-9ae1718c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。