FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その四百八十七)

祝いの献杯を交わし終えて、「さらぱと」と別れの言葉を残して、御台所は簾中深く入られました。

元服前の稚児相手に献杯とは恐れ入りますが、薬酒とのことですから、まあよいでしょう。

それにしても、御台所が引き連れておられた女房たちは皆娑婆の人間だったのでしょうね。

天狗面の女房とは、想像するだに不気味ですから。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/28(火) 00:36:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その四百八十八) | ホーム | 聖神社(その四百八十六)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1171-52488171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。