FC2ブログ

案山子のダンス

戯れに、小説など。照れますな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖神社(その四百八十)

これだけの年月を送りましても、取り立てて楽しみはございませんが、一つの喜びは、死して冥途におられる両親に、月に一度は、また二度三度もお会いできることです。 

これが一つ楽しみでございます。

若君も二歳の御年に父上をなくされて、さぞ恋しく思われることでしょう。

我が夫の大天狗は、百三十六地獄、または九品の浄土にも、日々飛行しておられます。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/24(金) 03:18:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖神社(その四百八十一) | ホーム | 聖神社(その四百七十九)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://peako2.blog.fc2.com/tb.php/1164-0b4dd568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。